ラケットを早く上げるはなぜ重要?メリットとできない原因を徹底解説!

スポンサーリンク
打ち方(ショット)

こんにちは!!
いたバドブログ管理人「いた」です。

本日はこのようなご相談をいただきました。

ラケットを早く上げなさいとアドバイスされますが、なかなか思うようにできません。

どうして早く上げることがいいのでしょう?どうすればできるようになりますか?

いた
いた

「ラケットを上げて早く構える」はバドミントンにとって基本的で非常に重要な要素です。

ここではラケットを早く上げることのメリットできない原因できるようになるポイントについて解説していきます。

ラケットを上げるメリット

バドミントンは高速でラリーをおこなう競技ですので、打ってもまたすぐ次の球が飛んできます。

特にダブルスでは低く速いラリーの応酬になることが多いので、ラリーのテンポも早くなります。

ラケットが下がっていると、

①相手のショットを確認→②ラケットを上げる→③返球する

3段階が必要になります。

一方、早く準備ができて、相手が打つ前にラケットを上げていると

①相手のショットを確認→②返球する

2段階での対応が可能です。

高速でシャトルが行きかうバドミントンにおいて、相手のショットを確認してからラケットを上げていては、その動作中にシャトルが手元まで飛んできてしまい、対応ができずミスにつながります。

シングルスの場合はドライブの打ち合いをする場面は少ないので、必ずしも常にラケットを上げておく必要はないですが、打った後にすぐ次の準備をする必要があるという点では、打ったら次という意識を持ち続けることは重要です。

なぜ準備が遅くなるのか?

準備が間に合わない原因として、多くの選手が、

「自分が打ったショットを見すぎている」

ということが挙げられます。

特に自信のないショットや決めにいったショットは、「ちゃんと入ったかな?」「決まったかな?」ということに意識が行き過ぎて、相手が触るまで、見守ってしまいがちです。

そうなると、「見る」ことに意識が行き過ぎて、打ってすぐ次を準備するという意識が薄れてしまいます。

自分が打ったショットには自信を持って、また、どんなショットでも相手は返球してくると想定して、次を動く準備をしていきましょう。

早くラケットを上げるためのポイント

最後にラケットを早く上げるためのポイントを解説します。

打つことよりもラケットを引くことを意識する

基本的にどんな選手でもシャトルを打つ時にラケットを振る動作は無意識でも行います。

なので、打つことよりも打った後ラケットを引くことを意識しておくと、振った後のラケットの戻りが早くなるので、結果的に早く構えることに繋がります。

ドライブやプッシュ、レシーブは、腕をしならせて、ラケットを引きながら打つ技術もありますので、そういうショットを使用する際にも有効です。

常に相手の返球をイメージする

先程話したことと被る部分もありますが、ラリー中は常に相手からの返球をイメージしながらプレーしましょう。

「自分の打ったショットは次に相手にどんなショットを返球してほしいのか」、「相手の体勢や状況からどのコースに返球が来る可能性が高いのか」というように、次の返球をイメージしておくと、自然と次の球、次の球と身体が動き、待っている返球に合わせてラケットも上がるようになります。

まとめ

 

ラケットを上げるだけでも速いラリーでは大きな効果を得られるんですね!

ラケットを引く意識を持ってプレーしていきたいです!

 

 

いた
いた

この動作を意識してできるかどうかによって、特にダブルスのラリーで早い展開について行けるかどうかが大きく変わってきます。

次の球を待つという意識はシングルスでも同様に重要です。

  • ラケットを上げておくことによってシャトルを打つまでの動作が省略でき速いラリーに対応できる
  • 自分の打ったショットを見すぎると、次の準備が遅れてしまう
  • 常に相手からの返球をイメージしておくことで自然と次の準備ができるようになる。

コメント