【初心者必見!】バドミントンのノックで最大限効果を出す秘訣3選!

スポンサーリンク
練習法

こんにちは!!
いたバドブログ管理人「いた」です。

本日はこのようなご相談をいただきました。

私が所属している部活はノック練習がメインなのですが、部員数が多く、コートに入れる時間が限られています。

少ないノックで効果を最大限に引き出すコツがあれば教えて下さい。

いた
いた

一口にノックと言っても、受けるときの考え方や姿勢で、上達速度が大きく変わってきます。

ここではノックを受ける時に大切なポイントについて解説していきます。

ノックの種類を理解する

まずノックのポイントの前にノックの種類についておさらいしておきましょう。

私はノックは大きく分けて3種類に分けられると考えています。

基礎ノック

ショットの精度を高めるためのノックです。

例えば、プッシュを左右交互に打ったり、手投げでひたすらヘアピンを打ったり、決まったショットを繰り返しうちその精度を高めていく練習です。

パターンノック

ノックと聞いてみなさんがまっさきに思い浮かべるものだと思います。

シャトルが飛んでくる場所が決まっていて、それに合わせて色々なショットを打つ練習です。

実践の一場面を切り取ってそのシチュエーションのみをひたすら鍛えるノックです。

フリーノック

シャトルがどこに飛んでくるかわからないノックです。

シングルフリーや、ダブルスフリーなど最も実戦形式に近いノックです。

練習の意図を理解する

今回紹介するポイントの中で、これが一番大切です!!

それぞれのノックには、そのノックで鍛えたいショットや、実戦で想定される場面があります。
それは同じメニューでも球出しの質や、ノックを受ける側の考え方によっても変わってきます。

例えば、スマッシュを打った後、クロスのネット前を打つN字ノック一つとっても、

  • スマッシュで相手を追い込んで、甘くなったネット前をプッシュで決める
  • スマッシュを相手にきれいにネット前に返され、ヘアピンでつなぐ

といった場面などが想定されます。

球出し側は前者と後者でネット前に出すシャトルの質が変わってきますし、受け手側の動きも変わってきます。

初心者のうちは経験が少ないため、これからやるノックが試合のどの場面かを想像する力に欠けてしまいます。
上級者であればあるほど実戦を想定してノックを受けることができます。

ですので初心者の方もノックの意図がわからないようであればコーチや先輩に聞き、意図を理解してから練習を行うと効果が段違いです。

私も学生時代わけも分からず飛んできたシャトルを打ち返しているだけでしたが、経験を積んだ今思うと非常にもったいない時間を使っていたなと後悔しています。

  • 実際の試合の場面を想定してノックを受ける
  • 同じノックでも想定している場面によって打つ球も変わってくる
  • 意図がわからない時はがむしゃらにやるのではなく、コーチや先輩に確認する

球出しより先に動かない(実戦に近い感覚で)

こちらは基礎ノックとパターンノックを受ける際のポイントです。

ノックではシャトルが飛んでくる場所やタイミングが予め決められています。

飛んでくる場所がわかっているからといって、シャトルが飛んでくるより先に動いてしまっていては実戦から程遠い練習となってしまいます。

試合では相手が打つまでどこに飛んでくるかわからないですからね。

先に動くことは我慢できても、無意識に身体がシャトルの飛んでくる方向を向いてしまっていたり、動き出す準備をしてしまっていたりしますので、その点も注意が必要です。

試合中と同じようにどこにシャトルが飛んできても対応できるような体勢で構えましょう。

疲労が溜まってくるとどうしても先に動いたり、シャトルの行き先に身体が向いてしまったりするので、周りで見ている選手が気付いたら教えてあげるとなおいいです。

  • シャトルの飛んでくる場所がわかっていても球出しより先に動かない
  • 身体の向きにも注意する
  • 周りの選手が気付いたら教えてあげることも大切

最後の一本まで全力

ノックで最大限の効果を得るためには最後の一本をいかに妥協しないかも重要です。

打つ本数が決まっていて、体力的にきつくなってくると、足が止まりがちになりますし、「残り〇本」と考えてしまいがちです。

ゴールが見えてくると気のゆるみから妥協してしまったり、これで終わりと、最後の一本を雑に打ってしまいます。

こういった一本の積み重ねが、最後まで全力でノックを受ける選手との差になりますし、実際のゲームでも終盤をリードで迎えた際に逆転されやすくなってしまいます。

特にマッチポイントを先にとってからよく逆転されてしまう選手はノックからそういった部分に注意して取り組んでいただきたいです。

また、練習でキツい時にもう一段階ギアを上げれる選手ほど、試合の終盤や追い込まれた場面に強いです。

「最後の一本まで全力」はノックだけでなくその他のトレーニングにも言えることです。

意識で大きく変わる部分なだけに、キツイ場面で実践するのは思ったよりも難しいです。

コツとしては実際のゴールより少し先を自分でゴールと設定することです。

例えば、「20本打つノックなら22本打つつもりで」「21点マッチのゲームなら23点まで取るつもりで」といったようにゴールを先に設定しておけば、ゴールが近くなって気が緩むことを防ぐことができます。

  • 終りが見えてきても、最後まで全力で動く
  • 最後の一本を雑に打たない
  • 本来のゴールよりも少し先に自分でゴールを設定する

まとめ

意識の違いで同じ時間のノックでも上達速度に差が出るんですね!

これからはしっかりポイントを意識して少ないノックを活かしていきたいです!!

いた
いた

少しの差の積み重ねが時間の経過とともに大きな差になっていきます。

周りとの差をつけてノックの効果を最大限引き出すためにもぜひ意識してみてください。

実際トップレベルの選手もノックの内容自体は一般の選手と大きく変わらないことが多いです。

リーチョンウェイ選手の練習動画でも普通にN字ノックとかやってますし、日本代表の合宿でも内容的に特別なことはやっていないそうです。

ただ、意識、精度、スピードのクオリティが段違いに高いため、掛かる負荷も大きく、その分大きな効果を得ています。

練習法
記事を読んで「いいね!」と思ったらシェアをお願いします!!
バドに関する情報を知りたい方は今すぐフォロー!!
スポンサーリンク
いたバドブログ

コメント