【バドミントンのリスク管理】「四隅・ライン上を狙え!」は正しい?徹底考察

スポンサーリンク
メンタル・戦術編
こんにちは!!
いたバドブログ管理人「いた」です。本日はこのようなご相談をいただきました。

よくショットは「四隅・ライン上を狙え」と言われます。ただ、試合になるとコースを狙いすぎてミスが増え、負けてしまうことも多いです。

常に厳しいコースに打つ必要があるのでしょうか?

いた
いた

確かにコースを狙える技術を持つことは大切です。ただし、実際の試合で、狙いすぎによるミスが増えてしまうと余計な失点につながってしまうので本末転倒です。

常に厳しいコースに打つ必要があるのか?リスク管理の観点から考えてみましょう。

バドミントンにおけるリスク管理について

バドミントンにおいては「相手よりも多く得点する」ことが勝利につながります。

バドミントンにおける得点には2種類あります。

  • 自分のショットで決めることによる得点
  • 相手のミスによる得点

以下の記事では「相手より多く得点取る」という視点で解説を行いました。

一方、「相手よりも失点を抑える」という視点も重要です。

コースを狙いすぎるとミスの可能性が高くなり、相手に得点を与えてしまいます。

コースを狙わずに打つと、ミスの可能性は低くなりますが、相手を追い込むことができず、逆に相手のショットで決められてしまう可能性が高くなります。

以上のことを踏まえて考えると、バドミントンにおけるリスク管理とは、

「自分がミスをする可能性を最大限下げつつ、得点ができるショットを打つ」

ということになります。

特に中級者くらいまでのレベルの試合では相手に決められた失点よりも、自分のミスによる失点の方が多い場合もたくさんあります。

もちろん選手の技術や得意不得意によって打つショットの種類やコースの厳しさも変わってきます。

極端な話、「常にスマッシュでライン上を狙える」「ヘアピンでネットインを狙える」といった技術があれば、ぎりぎりのコースを狙ってもリスクは低いとなります。

どうやってリスクを管理するか?

リスク管理の重要性について説明しましたが、実際にどうやって管理しながら試合を進めていくのか。

下記の表を参考にしてみてください。

リスク 低い 高い
コース 甘い 厳しい
ミスのしやすさ 低い 高い
決まりやすさ 低い 高い

この表をもとに相手との実力差自分の得意なショット相手の苦手なショットなど総合的に判断していきます。

基本的には自分がミスをしない範囲で可能な限りきわどいコースを狙うという考え方になるかと思います。

そのためにも、自分がどういった場合にはミスりやすいのかなど自分の実力を正確に把握しておくことが重要です。

普段の実力以上のコースを打とうとしてもミスになるだけですからね。

「四隅・ライン上を狙え」は正しいのか?

これまでの説明を踏まえると、

「常に四隅・ライン上を狙う必要はない」

となります。

もちろん四隅・ライン上を狙う技術は必要です。

ただし、実際の試合では相手のショットで体勢を崩されたり、常に万全の体勢で打てるわけではありませし、常にぎりぎりを狙っているとミスも増えるでしょう。

相手との実力差や試合の場面、場面で使い分けることが重要です。

また、クリアー、ロブ、ヘアピンで四隅を狙わないことは、ミスを少なくする以外にも、相手からの返球を甘くしたりミスを誘う効果もあります。

例えば、少しサイドラインより内側に入れたネット前のショットをそこからさらにストレートのサイドライン側に返球することは非常に難しいです。

トップ選手はどうしているか

シングルスの桃田選手を始め、実際のトップ選手の試合を見ていても、通常のラリーではサイドラインからある程度内側を狙ってラリーしていることが多いです。

そのラリーの中で相手の返球が甘くなったり、主導権を取れた時にライン上へのスマッシュを打って得点をあげたりしています。

トップ選手の試合を見ているとどのタイミングでリスクを取ってコースを狙いに行っているかなど非常に勉強になります。

まとめ

常に四隅やライン上を狙うのではなく、いかにミスのリスクを下げ得点できるかが重要なんですね!!

いた
いた

四隅を狙うというよりは狙った場所に打てることが重要です。また、自分の実力を正確に把握し、ミスの可能性の高いショットはなるべく選択しないように試合を進めていきましょう。

  • バドミントンにおいては「自分がミスをする可能性を最大限下げつつ、得点ができるショットを打つ」ことが重要
  • 自身の打てるショット等実力を正確に把握することが必要
  • 常に「四隅・ライン上を狙う」必要はなく、必要に応じてコースの厳しさを調整することが必要

コメント