【練習しても試合で勝てない…】バドミントンの本質と練習のワナを徹底解説!

スポンサーリンク
メンタル・戦術編

こんにちは!!
いたバドブログ管理人「いた」です。

本日はこのようなご相談をいただきました。

練習を重ねうまくなったと感じているのですが、いざ試合になると、簡単に返球されたり得点につながらず、なかなか勝つことができません。

どうしてなのでしょうか?

いた
いた

きれいなフォームや速いスマッシュは大事ですが。バドミントンはフォームや球の速さを競う競技ではありません。

ここではバドミントンという競技の本質練習で陥りやすいワナとその解決方法について解説していきます。

バドミントンの本質について

先ずはバドミントンがどういう競技かについて考えていきましょう。

バドミントンとはどういう競技か?

動くスピードが速い」「球のスピードが全球技中最速」「騙し合いと駆け引きの競技」などいろいろと思い浮かぶと思います。

その中で今回の記事でいう本質を考えると、

「得点の多さを競う競技」

といえます。

当たり前のことのように聞こえますがこの認識が非常に大切になってきます。

この記事を読んでくれている読者の皆様はバドミントンが強くなりたいと考えている方だと思います。

では次にバドミントンが強い選手とはどういう選手かを考えてみましょう。

バドミントンが強い選手とはどんな選手か?

「フォームがきれい」「フットワークが速い」「スマッシュが速い」「レシーブが固い」「フェイントがうまい」などいろいろ思い浮かぶと思います。

でも、競技の本質から考えるとバドミントンが強い選手とは

「相手よりたくさん得点する能力がある選手」

ということになります。

得点をするための手段として「速いフットワーク」「速いスマッシュ」「固いレシーブ」といった技術が存在するわけです。

では次にバドミントンで得点するための方法について考えてみます。

バドミントンで得点する方法

バドミントンで得点する方法は大きく分けて3通りあります。

  1. 相手のショットがネットにかかる
  2. 相手のショットが自分のコートの外に落ちる
  3. 自分のショットが相手のコートに落ちる

逆に言うとバドミントンで得点する方法はこの3種類しかありません。

バドミントンの練習は常にこのどれかの能力を強化するために行います。
  • バドミントンは相手より多く得点する能力がある選手が強い選手である
  • 得点方法は「相手のショットがネット・アウトになる」「自分のショットが相手コートに落ちる」の計3通りしかない。
  • バドミントンの練習はすべて得点能力を強化するためにおこなうものである

練習で陥りやすいワナとは?

多くのプレイヤーが練習を行う上で陥りやすいワナが

「ショットやフットワークなど技術の習得が目的になってしまう」

です。

たとえば、「速いスマッシュを打つ」「きれいなフォームで打つ」「きれいなフェイントを打つ」といった得点をするための手段が目的となってしまい、得点能力を強化するという本来の目的があやふやになってしまいます。

この状態で試合を行うと、練習したショットは打てるけども得点に結びつかず試合に勝てないという状態に陥るわけです。

ではどうすればこのワナから抜け出せるのでしょうか?

ワナから脱出する方法

それは、

  • 「練習の目的をはっきりさせ、試合にも活かす」

です。

目的とは、自分が行っている練習が、3種類の得点方法のどれに当たるか明確にすることです。

速いスマッシュなら、「相手のショットがネット・アウトになる」、カットやフェイントなら、「自分のショットが相手コートに落ちる」といったような感じです。

逆に、相手に得点されないように、フットワークや、レシーブ、つなぎ球を鍛える場合もあります。

このように、練習で習得した技術がどの得点パターンを強化することにつながるかを常に考えながら練習を行うことによって、練習そのものが目的になってしまうことを防ぐことができます。

また、各技術をどういった目的で習得しているかが明確になっていると、実際の試合でそのショットを使用する目的も明確になり、場面場面で効率的に各ショットを使用することができるようになります。

まとめ

練習しているうちにいつの間にか技術の習得が目的となっていて、試合でどう使うかまで意識できていませんでした。

いた
いた

いくら技術を習得しても、その技術でどう得点するかが明確になっていないと、実際の試合で勝つことは難しいです。

普段の練習から、練習内容が試合での得点にどうつながるかを意識していくことが大切ですね。

  • バドミントンは得点する能力を競う競技であり、技術を競う競技ではない
  • 得点方法は大きく分けての3通りしか存在しない
  • 練習ではどの得点方法を強化できる技術なのかを意識する
  • 技術の習得自体が目的にならないように注意する

コメント